反省記別館

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
去年よく聞いた曲、追加。
去年よく聞いた、というか印象に残ったと言うか、去年をあらわす曲。と言えば一番近いかな。その上で、よく(頻繁に)聞いた曲。

1.小田和正「明日」
去年は大学の友人、ぽーるのおかげで、小田さんのライブに行く機会に何度か恵まれました。今回のツアーの中でうたわれていた曲の中でも、特にお気に入りの一曲。
先日テレビでも放送されていたライブのときは、紛争地帯の映像が流されたり、子どもたちが出てきて生コーラスを添えたり、演出も特別なものがなされていてぐっときた。

2.Avril Lavigne「My Happy Ending」「He wasn't」/アルバム「Under my skin」より
「私のハッピーエンドなんてこんなものよ」と歌うミディアムテンポのmy happy ending、彼も結局自分の理想とは違う男だった、と寂しい気持ちを蹴飛ばすかのようなアップテンポのHe wasn't。曲調もタイプも違う失恋の歌だけど、なぜか私の中では表裏一体の2曲。

こうやって見てみると、あんまり「新規開拓」はなかった年だったかも…
| zooty | おんがく | comments(0) | trackbacks(0) |
2005年を振り返って(笑)〜良く聞いた?音楽。
たった1週間前のことなのに、改めて思い出そうとすると困難だ(笑)
とりあえず、これよく聞いたかなーって曲。もしくはお気に入りの曲。
どうしても下半期に聞いたものに偏りますが…。
あ、あと、2005年に良く聞いた、であって、発売は前だったりするかもしれない。というか、2005年に発売されても、今年のヘビロテになることもあるかもしれない。

順不同。

1.tourbillon「華」/アルバム「HEAVEN」より
色彩と切なさに溢れる歌詞、サビの部分でぐわっと来る泣きメロ、どれをとってもツボつきまくり。
アルバム自体がどの曲もそれぞれに個性的なのにアルバムとしての統一感もあって珠玉(言いすぎ?笑)の一枚ですがこれはダントツ好きだなあ…。

「光満ち溢れた時が来たなら そばにいて欲しい
 君の理想を咲かせるから」

んー…最高。

2.J「Evoke The World」/アルバム「Glaring Sun」より
まあ、アルバムのとこにも書いたからな…
この間のライブでまた改めてイイ!!と感じた。基本同じフレーズの繰り返しなんだけど途中にはさまれる「イラついた日常と〜」の部分のメロディーと音が胸にささる。

3.Destiny's Child「Cater 2 U」/アルバム「Destiny Fulfilled」より
12月になってこの曲が急上昇…。最初の音が冬の夜明けを連想させるから?分からないけど…。ビデオクリップも三人それぞれで素敵(特にビヨンセ
がCUTEすぎる)だけどやっぱりこれも歌詞がイイ。
平たく言うと「お帰りなさいませ旦那様」って感じですが(笑)
英語でここまで歌われるとかえって新鮮というかほんとに愛情を感じていっそ潔い。そして意外とそういうの嫌いじゃないと分かった。

「When You Come Home Late Tap Me On My Shoulder, I'll Roll Over
Baby I Heard You, I'm Here To Serve You (I'm Lovin It, I'm Lovin
It)」
「Your Wish Is My Command」

…すごすぎる。
でも好き。(Mだから。)


…ここまで書いたところで友人Hから電話が来て、なんだかんだ話しているうちに40分過ぎてしまい、何を書こうとしたかさっぱりトンでしまいました。
なのでまた思い出したときに…
| zooty | おんがく | comments(0) | trackbacks(0) |
Glaring Sun 2
朝になったらまた違う顔を見せたJさんのGlaring Sun。

ジワジワと自分の中でgushがお気に入りになりつつあります。
気づいたらはまってた。
バックで螺旋みたいに音がまわるAメロ部分と、サビのハジケ具合のバランスが最高。

Sun Setの短さも通して聞いてみたら気にならなくなった。

そんなこんなで久しぶりに前の作品から通して聞いてみたくなって、
そういえばUnstoppable Driveをエンコードしてなかったよなあと思ってCDケース開けてみたら

「辞書なしで学べる 中国語の最初歩」

っていうCDが入ってた…

肝心のUnstoppable〜は見つかりませんでした。いったいどこへ…。
| zooty | おんがく | comments(0) | trackbacks(0) |
J「GLARING SUN」
明日まで待てば、HMVのダブルポイントデーなのに…。
たまらず購入してしまいちた。

1.Evoke the world
試聴機で聞いたとき、間違って別のCDが入ってるのかと思った。
で、声聞いて、「あ、Jであってたんだ」と。
最初の音が打ち込みっぽいんだもん。。。
一曲目にあるけれど、意外とライブ終盤とかに来てもおかしくなさそう。すごく希望と光満ち溢れてるナンバー。
「イラついた日常と〜」のところのメロディラインでいきなり涙腺決壊。
まあ買う前に読んだインタビュアー(uvじゃなくfool'sだった)の言葉による先入観もあるんだろうけど、RYUの声で聞いても違和感ないかも。。。

2.break
文字通り一曲目の余韻をぶっ壊すようにbreak登場。Jらしい。

3.gush
サビ部分のキー、たっけえ!ライブ大丈夫か〜!?(笑)
クセになるループ感…。

4.rodeo life
ロデオって感じ。説明になってないね。
ライブでやばいことになりそうな匂いがぷんぷんする。

5.blind
歌詞が珍しい感じ。
新曲といって前に披露したのはこれかな。

6.GET READY
前の曲がスローなので、シングルに比べて3倍くらい早く聞こえる(笑)

7.Suicide Dream
アルバムの中で改めて聞いていいなーと思った。音が重く感じる。

8.Sun Set
すごく優しい曲。
Jには珍しく、黄金色に染まる海みたいなイメージの曲。
ただし短い…(2分59秒)。盛り上がるかと思ったところで終わる。

9.fire star

10.Blank
これ好き〜!
歌詞と言い雰囲気と言い、YoujeenのBeautifl Daysを彷彿とさせる。

11.become the light,blessed the night
出だしがLUNA SEAのCrazy about youに似てる(笑
最初、Jさんネタ切れかっ!?って思った。
まあ、音は有限だから似てしまうものがあるのは仕方ない。

12,13と空白トラックをおいて、

14.・・・・・
これまたおっそろしくポップで前向きな曲。(けなしてません)
隠しトラック風に入っていてあっちゅー間に終わってしまう。
ライブでやってくれるかなー。
最後の「xxxxx」の部分、ちゃんとこっそり歌ってますよ〜。
こんな歌を最後に短く入れてみたり、曲名をあえてこんなふうにしてみたり、
Jさんの照れ屋さんっぷりがよくうかがえるってもんです。

前作「RED ROOM」は、ひたすら重厚で、砂漠を進むかのような世界観に貫かれていた。
それに比べると、曲のバリエーションが多彩ともいえる。
音が軽くなったわけではないけど、明らかに雰囲気が違う。
ギタリストが変わったせい?だけではないだろうな。
RED ROOMでは中盤にSilverやDeath Valley見たいな、ボリュームもあって
世界観のキーとなる曲が配されていたけど、今回はそういうのもない。
だけど前作にはなかった光がある。
このアルバムの曲が、ライブでどう登場するのか、
今まで演奏されてきた曲たちとどう絡むのか、
そしてそのとき評価がどう変わっていくのか楽しみです。

そしてそして…

ツアーきましたーーー!!
今のとこ6公演、明日には公式発表出るかな?
しかしオフィシャルページにフライング、ウケタ…。
| zooty | おんがく | comments(0) | trackbacks(0) |
【ライブ】tourbillon@厚木市民会館
覚書。
・本厚木の駅で降りるの、記憶にある限り人生2回目。
・2階席のどこかにJがいたらしい…気付けなかった自分が悔しい…
・やっぱりINORANはカッコかわいい。あんな30代男性存在してていいのかな…。ギター弾く姿は、服装や髪型がかわっても、LUNA SEA時代と変わらず。
・「INORANが素晴らしい曲を作ってくれました」your placeの前ふり。
・「僕はライブの前は、おうちの掃除をするのですが」おうちぃ!?しかも、階段でアタマ打ったって。。。どんな掃除の仕方?
・「LUNA SEAも天災バンドなんて呼ばれてましたけど…
  頭がいいほうのテンサイではなく、
  神々が怒って大地にいろいろなことをしてしまうという…
  今日は、晴れました!!(拍手)
  すべて、僕のおかげです。
  INORANは、雨男です!」
・ギターは武道館でやったときから一人減り、INO一人。見栄えも音もすっきりした印象。
・アルバムが出た翌日のツアー初日だからか、お客さんちょっと硬かったかな?ちゃんとみんなが歌えそうなところを歌わせるRYU、さすが慣れてるね。
・「こぶは、大丈夫です!一曲一曲ひいていってます。」RYUタンかわいい…
・「リーダー!」メンバー紹介で葉山氏を紹介した後のRYUの突っ込み。
・「ボーカル、RYUICHI!!」なんか久しぶりにINOの生声きいた。ていうかFinal Actの時もしゃべらなかったし、生声という意味ではFAKEもINORANライブも行ってない私は…下手したらcpacity∞以来くらい!?意外と男らしい声でどっきどきした。
・RYUの動き、変。。。相変わらず変なステップ踏んでる。あと、なんか膝がくっついて内股みたいになってるのが気になってしまった。
・しかしやっぱり歌すごい。河村隆一ということで敬遠しないでほんとに多くの人に生できいてほしい。
・lost itの歌詞「stay with me now」、なんかJが「stAy」(luna seaのSTAYじゃないよ)を歌う時の前ふりを彷彿とさせているのだけど、INORANの作詞作曲と知ってm(略
・ベースのTOKIEさんとサックスのYUKARIEさん、二人ともすらっとしていてきれい!女性がステージ上にいると華やぎます。

楽しかった…けど、ノリきれず(歌詞を覚えてないことによる部分が大きい)ああーまだまだ楽しめるはずなのにー!!って思った。
私の周りなんかみんな大人し目だったし。。。

歌詞もばっちり覚えて、
また行きます。

曲も演奏も観客も、ツアー中にどう成長するのか楽しみ。
よく考えたら、私初日って初めてだ。
舞台にしてもライブにしてもわりとおいしいとこどりしてた。

| zooty | おんがく | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>