反省記別館

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
雨と休みとヘッセの庭
昨日は久々全休した。

なんか気付いたら、完全オフというものが一日もなく、
毎日なんやかんやと用事があり、
加えて転職活動やらなんやらで知らず知らずストレスがたまっていたのか、
家を出なくてはならない時間になっても
原因不明の頭痛と腹痛でベッドから出られず。

…なんつー弱い身体。

で、この日は妹も休みで、
まあ父親は年中家にいるので、
三人で世田谷文学館で行われているヘルマン・ヘッセ展を見に行った。

文学館での展覧会、
さらに、文学者であるヘッセの一体何が展示されているのか、
まったく前情報がないまま臨んだのだが、
これが意外と良かった。

広すぎない展示スペースに良く練られた構成で、
出版当時の本や、ヘッセの言葉を記したパネルが連なっている。

ヘッセの絵というものを初めて見た。
というか、実はお恥ずかしいことに私はヘッセの作品というものを何一つ読んだことがなかったのだ…。

絵は、まあ、うまくはない(笑
(年代を追って見直してみると、明らかに上達していて面白い。最初の頃の遠近感のなさは…わざとか!?と思った)
だけど構図どりはすごくいい。

世界を見る。
自分の中に、必要なライン・色を抽出する。
それを白い紙に、絵の具で描く。

そんなに単純で、だけど奥深い作業はない。

ヘッセは、自分に必要なラインが、色が、良く分かってる人だなあと思った。
勝手な解釈ですが。

ヘッセの言葉もそんな感じだった。
レトリックに懲りすぎることないシンプルな言葉。

全然読んだことないけど、自分の状態のツボをつく言葉が多くあってドはまりした。必要な言葉は、必要な時にやってくるんだ。
思わず本を買ってきてしまった。

ちなみに、世田谷文学館の二階は常設展示として、
世田谷に縁のある文学者たちの資料が展示されている。
世田谷といえばやっぱり武蔵野の自然や、下北や三茶の街の情景が欠かせないわけで、それらを描いた文章と写真は世田谷(に程近い街…文句は言わせない)を故郷とする人間にとってはかなり郷愁を感じるもの。
静かな空間の中で、たくさんの心地よい言葉にうずもれる感覚は、私の鈍りかけた感性を少しだけ呼び戻した。

展示を見終わった後、すぐ近くのサンマルクというレストランで三人でごはんを食べた。
私は一人前食べられる自信がなかったので、妹と父からそれぞれ少しずつ分けてもらった。
父はビーフシチューを取り分ける時、最初に上に飾られていた葉っぱ(名前忘れた)をちぎって皿においてくれた。
そんなの別に食べないからいいのに…と思いつつ、なんだかちょっとだけおかしくて、嬉しかった。

そして先に一人で家に帰って爆睡。
…したものの、なんだかいろいろなものに追われている気がしてあまり休めず…。
ちゃんと、休む時は心まで解放するようにしないとね…。

| zooty | アート | comments(0) | trackbacks(1) |
お仕事ボツネタ


もう、一月ほど前になりますか…
ある、偉人をテーマにした番組の告知ページを作ることになり、
写真はNGだというので、絵におこしたのですが
絵だから良いってもんでもなかったようで、
結果としてボツになりました…

自分では結構力作だと思っているので悔しいから
こっそりのせてしまいます…

特にガンジーがリアルすぎといわれましたが…
| zooty | アート | comments(0) | trackbacks(0) |
紋章
紋章というと大げさだけど、ロゴものが気になる。
あまり大げさなものは見ていて食傷気味になってくるけど
シンプルなものに歴史とか意味合いが凝縮されていたりするところは、多少なりともビジュアルに訴えかけることを仕事とする人間にとって
学ぶべきところがあるのではないかと。

ヨーロッパ系サッカーチームのロゴにはかっこいいものが多い。
でも、チームのサイトを見ても、チームロゴの由来について触れているところはなかなか見つからない。
存在しないのか私の探し方が甘いのか…
セリエAなんてイタリア語だし、お手上げ。

マンU
これはマンチェスターユナイテッド。
かっこいいけど、横のボールがサッカーというよりバレーボールに見える…。


Newcastle United。ユニフォームと同じ色の縞模様。
| zooty | アート | comments(2) | trackbacks(0) |
ゴッホ展とエターナルサンシャイン
水曜日に、竹橋で開催されているゴッホ展を見に行きました。

いやーすげー人だった。
平日でしかも雨だって言うのに…。
お昼ごろに行って、2時過ぎに出てきたんだけど、そのころには券買所の行列はさらに長くなっていた…。

そのあと、エターナルサンシャイン見てきました。
もう封切られてから大分たつのに、なおかつ平日なのに、
かなり混んでいた…
しかもカップルばっかりでやんのっっっ

ところで、先日面接のときに
「好きな映像は何ですか」と言う質問がありました。
何気に想定の範囲外だったので、とっさに
「そうですね、好きなアーティストのPVとかですかねー」
「たとえば?」

「LUNA SEAのロージアですねー」


うっそぉぉん。


なんか、もうちょい他に色々出てきそうなもんなんだけど…。長年身についた習性というか奥底に根付いているものの深さを思い知りました。

ところでところで、何気に「恋におちたら」2週連続で見てしまってます。
突っ込みどころ満載なのになぜか見てしまう…
それはひとえにあさく…いやいやいや堤真一パワー。
| zooty | アート | comments(0) | trackbacks(0) |
美術館展覧会情報〜ゴッホ、ラ・トゥール展
今日は更新するでよー(仕事しろってか?)

先日展覧会情報をアップしますと告知して載せないわけにいかないので、
早速大型展を二つほど見つけてきました。

まず最初は、

ゴッホ展
東京国立近代美術館にて(竹橋)
3月23日(日)〜5月22日(月)
東京新聞の告知ページ


本場ゴッホ美術館とクレラー=ミュラー美術館からセレクトする名品展、日本初公開のものもあるみたいですよー。連休中とか激混みでしょうね。

次が



ジョルジュ・ド・ラ・トゥール − 光と闇の世界
国立西洋美術館にて(上野)
3月8日(火)〜5月29日(月)
国立西洋美術館内の展覧会予定ページ

このラ・トゥールって人知らなかったんだけどフランスの画家で、世界的に有名なのに日本ではなぜか知名度が低い、ってことらしいです。ていうか、日本で知名度があがるきっかけってなんなんだろうね??やっぱりメディアで取り上げられないとダメなんだろうか。
小さい写真が何点か載ってますが、重厚な暗さと、小さな光に照らされたまぶしいほどの明るさが印象的。蛍光灯でまんべんなくぴっかぴかの中では、出てこない感覚だろうなー。
| zooty | アート | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>